生漢煎 防風通聖散※ほんとうに脂肪が落とせるか試してわかったこと

生漢煎である防風通聖散に限っていわれてる話ではないのですが、漢方薬というものはいつ飲むかというタイミングが非常に重要で、その飲み方を工夫すればより一層大きな結果をもたらすことができるのです。

反対にそういったことをあまり考えずに飲んでいるようであれば非常にもったいないことで、あまり効果が得られないと感じてしまい、その結果飲むことが大きな負担に感じるようになることだってあるのです。

 

その飲む時間についてですが、漢方薬というものはたとえば食前に飲むのがよしとされていて、それも30分前がよしとされているのです。
それにはもちろん理由があって、漢方薬というものは胃酸が影響していて早く分解がされてしまうものなのです。
普通の薬に関していうと、食後の30分以内に飲むのがよしとされていて、この考え方というものは漢方薬とは逆になっていて、これは食事の延長であると考え、食前に服用するのがいいということなのです。

 

しかしこれは人それぞれ体質というものがありますから、その人のお腹事情によって変わってくるともいえます。
例えばお腹が弱い人であれば、食前に服用することで不快な感じを覚える人もおりますから、何が何でも食前だと無理にこだわる必要というのはないのです。

 

生漢煎である防風通聖散の飲み方ですが、これは水と飲むのが望ましいです。
それも冷たい水で飲むのではなく、常温の水の方が適しているといえます。
散剤においても水とか白湯で大丈夫ですので、お湯をつかわなくても問題ないです。
お湯を使用すると漢方薬にある癖のある臭いが強くなってしまうので飲みづらくなる場合があるのです。
お湯とか水とかには特にこだわる必要がないといえます。