生漢煎 防風通聖散※ほんとうに脂肪が落とせるか試してわかったこと

生漢煎である防風通聖散といってものには、それはどんな薬にも存在しているように副作用といったものが当然のことながら存在していると思われているでしょう。

その防風通聖散における副作用についてですが、例えばおなかが痛くなって下してしまい、下痢の症状になってしまったという話があります。
実は、防風通聖散についてはしっかりと決められている飲み方を守っていれば副作用といったものは基本的には存在しないのです。

 

もちろん、人それぞれ体質といったものがありますから、例えば、便がゆるくなってしまったり、そういった症状は発生するかもしれないのですが、それは飲む量が多いことが原因かもしれませんので、副作用があったというよりは、飲む量を減らしてあげることがで改善できることといえます。

 

自分に合う飲み方をすることが重要であり、それは人の飲み方に合わせたりするのではなく、自分の身体と相談して、自分にあった飲み方をしなくてはならないのです。
少量飲むよりも、大量に飲んだ方が効果があるのではないかと考えるむきもあるのかもしれませんし、そういった勘違いをされている方というのもいるとは思うのですが、きちんと決められた量を飲むということが重要であり、多く服用したらいいというものでは決してなく、反対に悪い影響がでることだってあるのです。

 

ですので、飲む量については、決められた量を守り服用することが重要なのです。
生漢煎である防風通聖散は、一回に一包、毎食前か食間の一日三回の服用でぬるま湯か水で飲むようにする必要があります。
ここで食間についてですが、食事と食事との間のことをいいます。
食事をした後の、だいたい2時間から3時間後のことをいっておりますので、その服用時間については間違えないようにしなければならないので、注意が必要です。