生漢煎 防風通聖散※ほんとうに脂肪が落とせるか試してわかったこと

生漢煎である防風通聖散というものを服用すれば便通が良好になることがあるそうなのです。

大黄、芒硝、甘草といったグループの中には、調胃承気湯と呼ばれる処方と同様に、便通を良好な状態にして体内に残っているような熱を取り除くのです。

 

効能の効果については、おなか部分に皮下脂肪が多かったり、または便秘がちだったり、高血圧などの随伴症状である、動悸やのぼせ、肩こりといったものや、肥満症であったり、むくみであったり、便秘であったり、そういったものが含まれ、やはり便秘を改善するのにつかわれている漢方であるといえます。

 

人それぞれですが、服用することによっておなかの調子が悪くなり、ちょっと下すようなことが発生する場合もあるようですが、その際には、防風通聖散というものが体質に合わなかったと判断していいかと思いますし、効果が強すぎたと判断することもできますので、おかしいと感じたら無理せず医師などに相談することが必要です。

 

生漢煎である防風通聖散の効用には、おしっこがよく出るようになる排尿作用というものもあります。
成分として含まれている、白朮、滑石といったものが利尿促進をおこない、余熱を冷ましていると考えられています。

 

むくみというものはダイエットをするうえで大敵といえます。
むくみの原因が水太りであるような状況であれば、防風通聖散は効果が大いに期待できるかもしれないのです。
その効用効果には、脂肪太りで便秘していて、尿量も少量であり、いつも便秘をしていて、胃酸が多くて、腎臓病があったり、心臓が衰弱していたり、動脈硬化があったり、高血圧であったり、脳いっ血であったり、肩こりがあったり、とされているので、水分が体内に滞っているような状態であれば効果が期待されると思います。